TNCプログラムについて

TNCプログラムとは、脳・神経系へのアプローチを効果的に用いて、身体本来が持つ機能を回復させ、健康に導く先進的なコンディショニングプログラムです。 運動を軸として、健康増進と疾病予防に必要な5つの要素「運動・栄養・回復・心とからだ・社会参加」を統合的に構築したプログラムであり、この実践によって自分らしく生きがいのある、豊かな人生を送るための土台となるものです。

5要素 (o文字入り).jpg

本ページでは、5つの要素の軸となる「運動」についてご紹介します。

運動movement.png

脳・神経系からの指令なしに、筋肉は動かない!

TNCプログラム「運動」movementは、TNCプログラムの軸となるプログラムです。

私たちは、身体を動かすことで健康を保っていますが、この身体を動かすために、筋肉や関節に指令を伝えているのが神経系であり、その司令塔の中心となるのが脳となります。

また、見るために眼球を動かしたり、話をしたり食べるために口や舌を動かすことも、全て筋肉によって行われており、日常生活には欠かせない身体の動き(運動)の指令には、すべて脳・神経系が関わっています。

もしも、脳・神経系がアンバランスな状態になれば、身体は思うように動かず、不調を感じてしまうでしょう。反対にいえば、脳・神経系をバランスの取れた良い状態に保つことにより、思い通りに身体を動かし、健康で快適な生活を過ごすことができ、アスリートにおいては、高度なパフォーマンスが期待できるでしょう。

脳.png

「感覚入力と脳の情報処理」が、思い通りの動きの鍵!

思い通りに身体を動かすには、まずはどこに、なにを、どのように動かしたいのか? 身体に備わる感覚器(視覚・聴覚・嗅覚・体性感覚・味覚・前庭感覚)からの情報入力が必要不可欠となります。そして、それらの情報が脳で処理され、的確に判断された結果、脳からの運動指令により思い通りの動きを実現しています。

できない動きを繰り返しトレーニングで鍛えることも大切ですが、TNCプログラムでは、身体を動かす前に脳の準備(脳のコンディショニング)を行い、情報入力の要となる感覚器の機能と脳の情報処理機能を整えることで、脳・神経系からの正しい運動指令を導くことに着目しています。

感覚入力と情報処理の図(スライド).jpg

TNC独自のエクササイズにより、脳をコンディショニングする!

TNCプログラム「運動」では、運動機能の基盤となる「出生から立位・歩行に至るまでの神経システム」を整える3種類のTNC独自のエクササイズにより、脳のコンディショニングを行い、脳・神経系を活性化し、動くために必要な脳・神経系の準備を行います。

脳・神経系が正しく活動することは、身体全体の機能を高め、高齢者の転倒予防や歩行機能の維持、子どもの発育発達の促進、アスリートのパフォーマンス向上など、健康維持や疾病予防を促し、健康で生きがいのある人生の土台を築きます。

TNCエクササイズの図(スライド).jpg

下記ボタンより5つの要素を説明した資料のPDFがご覧いただけます。